Embracing the lights girl.

灯りって不思議。

街全体を明るく照らす無数のLEDよりも、

一つの小さな灯りの方がなぜか温かみを感じる。

それを抱きしめてる君は、誰を想っているんだろう。

哀しそうに、でも大切そうに、優しく、力強く。

街にはいっぱいいろんな光があって、

それがキラキラして綺麗に見えちゃうこともある。

でも、やっぱり他のじゃダメなんだ。

あったかくないんだ。

この一つの灯りじゃなきゃ。

そう、“あなた”じゃなきゃ。